Day by Day おすすめ映画・DVD 海外ドラマの紹介ブログです。おすすめ映画・海外ドラマをジャンルごとに紹介しています。感想・評価はあくまで個人の評価です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉

8day.jpg
公開2011年日本
原作角田光代
監督成島出
出演井上真央
永作博美
小池栄子
森口瑤子
田中哲司
渡邉このみ
市川実和子
吉本菜穂子
相築あきこ
別府あゆみ
安藤玉恵
安澤千草
蜂谷真紀
松浦羽伽子
ぼくもとさきこ
深谷美歩
畠山彩奈
余貴美子
劇団ひとり
田中泯
評価ico_grade6_4.gif



優しかったお母さんは、
私を誘拐した人でした。


【ストーリー】

 妻帯者の秋山と不倫の関係をずるずる続けていたものの、自分が妊娠した際には中絶を強要されたのに対し、いずれ別れると言っていた彼の妻が出産したことを不意に知らされ、思わず愕然とした希和子。怒った希和子は、生まれたばかりの赤ん坊・恵理菜を誘拐すると、その子をわが子同然にかわいがりながら、各地を転々としつつ4年間の逃亡生活を送り、ついに逮捕される。それから長い年月が経ち、いまや21歳となった恵理菜は……

WOWOW



映画予告




感想・評価


素晴らしい作品。こんな映画に出会えたことに感謝(_ _)

過去に、私の馬鹿な過ちのせいで離婚をし、娘と離れ離れになった経験をしている私にとってこの作品は、考えされられた。

身勝手さ、振る舞い、行動、言動で子供たちの成長の妨げとなっていることに気付かない、気付こうとしない大人たち、親たち。

私もその一人。


この作品中の悲劇は大人たちが起こした過ち。

どちらに非があるとも言えない。あるとすれば、嘘で固めた人生を送っている夫(秋山丈博)の無責任さが、この事件の発端だ!!!!

妻(秋山恵津子)が冒頭で『命を奪ったら死刑なのに、心を奪っても死刑にはならない』って言葉を発するが、なぜ大切な子供を一人にしたのか…って疑問がある。

この秋山恵津子の言葉も本心かもしれない。しかし、大人たちがとった行動そのものが事件の始まりなのだ!!!!


ラストシーン。

秋山恵理菜の言葉が印象的だった。

封印していた記憶と向き合うべく逃亡生活を辿る旅に出た彼女に、徐々に記憶が蘇る。

『私は誰も憎むことはできない』

『私はこの子が大好き!!』

地上に出てから七日しか生きられない蝉に対して、もし、八日目を生きる蝉がいたとしたら、それは悲しいことなのか、素晴らしいことなのか。

この時、はじめて彼女は『愛』『無償の愛』の大きさに気づいたんだろう。

決して許されない誘拐犯罪。

この犯罪を美化するわけではないが、より多くの思い出を作ってもらった恩義は決して消えることはないだろう……




また、この作品は、出演者の素晴らしい演技に感服しました。

中でも、小池栄子の演技力に驚いた。悲劇の子供は、主人公(秋山恵理菜)だけではない。

安藤千草(小池栄子)も大人たちが起こした過ちの被害者なのだ!!!!

それを見事に演じきっていた彼女に拍手を!!!!!!

正直驚きました。彼女の出演作品はあまり見たことが無かったのでびっくりさせられた。

おそらくこれからも主役は貼れないだろう。しかし、名脇役としての素質は十分にありますね。


久々の邦画でのヒット。私自身、邦画はそれほど見ない。

アホらしい映画ばかりだった気がしたので……

これから、考えを改めます……

それほど、この映画はすばらしかった。



私の評価:ico_grade6_4.gif


その他ブログ評価



外部リンク











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。