Day by Day おすすめ映画・DVD 海外ドラマの紹介ブログです。おすすめ映画・海外ドラマをジャンルごとに紹介しています。感想・評価はあくまで個人の評価です。

∥ スポンサーサイト

Category:スポンサー広告 | Entry:--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∥ トータル・リコール (1990)

Category:SF | Entry:2013/01/17 (Thu)

total1990.jpg
公開1990年アメリカ
監督ポール・ヴァーホーヴェン
出演アーノルド・シュワルツェネッガー
レイチェル・ティコティン
シャロン・ストーン
マイケル・アイアンサイド
ロニー・コックス
マーシャル・ベル
メル・ジョンソン・Jr
マイケル・チャンピオン
ロイ・ブロックスミス
レイ・ベイカー
リシア・ナフ
評価ico_grade6_3h.gif



Blu-ray・DVD情報

トータル・リコール [DVD]

トータル・リコール [ アーノルド・シュワルツェネッガー ]

アマゾン楽天ブックス


記憶を作り変えられていた男が、真実を追求するために奔走する!
アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSFハードアクション。


【ストーリー】

 西暦2084年、地球の植民地となっていた火星では、エネルギー鉱山の採掘を仕切るコーヘイゲンとそれに対抗する反乱分子の小競り合いが続いていた。一方、地球に暮らす肉体労働者のダニエル・クエイドは、毎晩行ったこともない火星の夢を見てうなされていた。夢が気になるクエイドは「火星旅行の記憶を売る」というリコール社のサービスを受けることに。しかし、それをきっかけに今の自分の記憶が植えつけられた偽物であり、本当の自分はコーヘイゲンの片腕の諜報員ハウザーだったと知る。クエイドは真相を知るため火星に旅立つが、真実を隠匿するコーヘイゲンに命を狙われ……



映画予告





【リメイク版 2012年 主演:コリン・ファレル】


感想・評価


久しぶりにザ・シネマにて鑑賞。

脚本&映像共にGOOD!!!

『本当の自分を探すためクエイドは、火星へ……

ところが、クエイドは首謀者の一人と解り……』

この展開は、観ている側を裏切るような展開ですよね。この展開の前に付箋もあった。

『コーヘイゲン長官が部下のリクターに「お前に頭を使うことなど期待しておらん。クエイドは絶対に殺してはならん」』

これが、最終的なビデオの告白にもつながり、両者の満面の笑み。

このストーリー(計画)は、見事に騙された。

ラストはお決まりのシュワちゃん劇場ですが、ほんと脚本が素晴らしい!!!!!!!!!!

映像に関しては、当時としては最高の技術を使っている。

ホログラフィーシーン、おそらく未来はこうなるだろうって具合なセットect…

アカデミー賞で視覚効果賞を受賞したのも頷けます……


久しぶりの鑑賞で、ちょっと残念に思えたことはヒロインだけかな……

ローリー、妻役のシャロン・ストーンは美しい!!!

対してヒロイン、メリーナ役は……

もう少し美しい女性はいなかったものかね。私的には、残念でならない………

しかし、彼女(レイチェル・ティコティン)はその後も結構良作には出演してる。あんまり印象がないが……

レイチェル・ティコティンのプロフィール - allcinema


リメイク版も出ているが、私はまだ観ていない。

クエイド役に、コリン・ファレル
メリーナ役に、ジェシカ・ビール
ローリー役に、ケイト・ベッキンセイル

で、リメイク!!!!!

これは、早めに見とかなきゃ……メリーナ役に、ジェシカ・ビール……これは最高だね……

私の評価:ico_grade6_3h.gif


その他ブログ評価




◇ トータル・リコール (1990) 壁紙情報 ◇




外部リンク











関連記事
スポンサーサイト

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

 

この記事へのトラックバック

トータル・リコール
いやこれいつ見ても例の有名シーンがものすごいですね。幼なながら昔衝撃をうけたのですが…今見てもやはり衝撃的、傑作SFです。これ大好きなのです。 いまのようにCGの無い時

2013.01.29 (Tue) | いやいやえん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。