Day by Day おすすめ映画・DVD 海外ドラマの紹介ブログです。おすすめ映画・海外ドラマをジャンルごとに紹介しています。感想・評価はあくまで個人の評価です。

∥ スポンサーサイト

Category:スポンサー広告 | Entry:--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∥ 戦火のナージャ

Category:War | Entry:2013/03/14 (Thu)

sennka001.jpg
公開2010年ロシア
監督ニキータ・ミハルコフ
出演ニキータ・ミハルコフ
ナージャ・ミハルコフ
オレグ・メンシコフ
ヴィクトリア・トルストガノヴァ
セルゲイ・マコヴェツキー
エヴゲーニイ・ミローノフ
ドミートリ・ジュゼフ
マクシム・スハーノフ
評価ico_grade6_3.gif



Blu-ray・DVD情報

戦火のナージャ [DVD]


[DVD] 戦火のナージャ


アマゾン楽天市場


カンヌ映画祭グランプリ&アカデミー外国語映画賞をW受賞した不屈の名作「太陽に灼かれて」の続編


【ストーリー】

 1943年、KGB幹部のアーセンティエフ大佐(オレグ・メンシコフ)は、スターリンに呼び出され、記録上すでに処刑されたはずの、コトフ元陸軍大佐(ニキータ・ミハルコフ)の捜索を厳命される。だが、反逆罪に問われたコトフ元大佐の妻と娘(ナージャ・ミハルコフ)をひそかにかくまったのは、ほかならぬアーセンティエフ大佐で……



映画予告




感想・評価


このレビューを書くのは難しすぎる……

前作も見ていないので……

内容を把握しづらい。一体どこに焦点を当てているのかわかりにくい映画でした。

スターリンの独裁体制の痛いところを突っ込んでいる作品でもあり、戦争に翻弄された親子の絆作品でもある。

邦題のナージャの出演時間も全時間から考えても短すぎるし、いきなり看護師になってるし……絆を強く印象出来るシーンが少なすぎ……

印象的なシーンはドイツ軍が背後から攻めてきたシーンだろう。

銃も持たずに戦闘に加われ……やはり映画『スターリーングラード』でも同じことを言っていたが、ロシアの戦闘では当たり前のように行われていたのですね。

奪い取れ、死んだ者の銃を取れ……こんなので前線に送られた日にゃたまったもんじゃない……いつの時代も形はどうであれアホな指導者は存在するんですね。

衝撃的なラスト……洗礼を受けたナージャに神の存在を問う負傷兵……神……スターリーン?……いきなり見せてくれ!!!!

ここで終了。

う~言いたいことが集約されていたのだろうが、いきなり乳見せてで緊張感がぶっ飛んだ……

生欲と性欲どちらが上か? たぶん死にたくないって言葉をまず口にするだろうって考えるだろう。

乳=母性=おかーちゃんって感じを持たせたかったのかな~

しかし、ヨダレはいかんだろう。

前作も見ていないので、一度じゃ把握しにくい。もう一回見てみるか……

っていうかその前に前作『太陽に灼かれて』は見なきゃダメだろう!!!!!


私の評価:ico_grade6_3.gif


その他ブログ評価




◇ 戦火のナージャ イメージ画像情報 ◇




外部リンク











関連記事
スポンサーサイト

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。